入倉孝次郎研究発表サイト
 
 
研究成果発表 メッセージ プロフィール 近況報告 リンク集 HOME
 
To English Page
 
入倉孝次郎画像 入倉孝次郎 (いりくらこうじろう)
生年月日 昭和15年8月22日 , 中国 青島出身
E-mail irikura@geor.or.jp
現職 愛知工業大学 地域防災研究センター 客員教授
学歴
昭和 38 年 3 月 京都大学理学部物理学科卒業
昭和 41 年 3 月 京都大学大学院理学研究科地球物理学専攻修士課程修了
昭和 43 年 3 月 京都大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士課程中退
職歴
昭和 43年 4月 京都大学防災研究所助手
昭和 48年 5月 京都大学防災研究所助教授
昭和 63年 8月〜
 平成16年3月
京都大学防災研究所教授
平成 13年 5月〜
 平成 15年 4月
京都大学防災研究所所長
平成 15年 12月〜
 平成 16年 3月
京都大学総長補佐
平成 16年 3月 京都大学防災研究所教授定年退官
平成 16年 4月 京都大学名誉教授
平成 16年 4月〜
平成17年9月
京都大学理事 副学長
昭和 59年 8月〜
 昭和 61年 1月
南カルフォルニア大学客員教授
平成 1年 4月〜
 平成 1年 5月
ミラノ工科大学客員教授
平成 2年 12月〜
 平成 3年 12月
メキシコ国立防災センター
(CENAPRED)JICA長期派遣専門家
専門 地震学、とくに強震動地震学、経験的グリーン関数法を用いて大地震時の地震動の合成に関する研究、強震動予測のためのレシピ
主な著書 巨大地震の予知と防災 創文社 1996 共著
ここまでわかった都市直下地震 クバプロ 2001 共著
防災ハンドブック 京都大学防災研究所編、朝倉書店 2001 分担
地震災害論 防災学講座2 京都大学防災研究所編、山海堂 2003 共著
学会・社会活動 日本学術会議会員(第 18期平成12年7月ー平成15年7月)
日本学術会議会員(第20期平成17年10月ー平成20年9月)
日本学術会議連携会員(第21期平成20年10月ー平成24年9月)
日本学術会議地球物理学研究連絡委員会委員長(平成12年9月ー平成15年9月)
日本学術会議連携会員(平成27年11月―平成28年10月)
日本地震学会会員 ( 会長、平成 11 年―平成 14 年 )
日本地震工学会(会長、平成16年)
日本物理探査学会会員 ( 評議員 )
日本建築学会会員
自然災害学会会員 ( 評議員 )
日本活断層学会(副会長 平成19年、監事 平成20年、27年)
地震調査推進本部地震調査委員会委員 ( 平成 10-) 、強震動評価部会長 ( 平成 11 ― )
科学技術・学術審議会測地学分科会臨時委員 (平成12年―)
大学評価・学位授与機構大学評価委員会評価員 (平成12年―平成13年)
内閣府中央防災会議専門委員会委員 ( 平成 13 年― )
内閣府原子力安全委員会専門委員(平成13年-)
経済産業省総合資源エネルギー調査会臨時委員(平成13年-)
科学技術・学術審議会学術分科会臨時委員(平成17年-平成19年)
科学技術・学術審議会学術分科会学術研究設備作業部会委員(平成17年-平成19年)
科学技術・学術審議会学術分科会研究環境基盤部会委員(平成17年-平成19年)
独立行政法人原子力安全基盤機構PSA検討会 地震ハザード評価分科会委員(平成16年-)
表彰 平成 15年9月 スロバキアにおける地震学100年記念メダル受賞
       (スロバキア学士院地球物理学会より授与)
平成 16 年 4 月 文部科学大臣賞 研究功績者受賞
(経験的グリーン関数法および強震動予測レシピに関する研究)
平成17年5月 2004年度日本地震学会論文賞受賞
(Takao Kagawa, Kojiro Irikura and Paul G.Somerville, Differences in ground motion and fault rupture process between the surface and buried rupture earthquakes, Earth, Planets and Space 56, 1, 3-14, 2004)
平成18年9月 内閣府「平成18年防災功労者防災担当大臣表彰」受賞
平成19年10月 経済産業省「平成19年度原子力安全功労者表彰」受賞
平成20年7月 「平成20年安全功労者内閣総理大臣表彰」受賞
平成20年9月 「平成20年防災功労者内閣総理大臣表彰」受賞
平成23年4月 The Bruce Bolt Medal受賞
(SSA, EERI, and COSMOS.(米国)より授与)
平成26年5月 2014年度日本地球惑星科学連合フェロー顕彰
平成27年5月 日本地震工学会「功績賞」受賞